幼児の離乳食はいつから始めるべき?

楽しく安心して急がず焦らず離乳食スタート

昔と今の離乳食の考え方

自然な子育てとは言いつつ、大体の目安は欲しいものです。 自分の子供の離乳食のタイミングは、よく考えれば、赤ちゃん本人が一番分かっているのです。 しかし、話しかけて聞いても、答えてくれませんよね。 じゃあ、赤ちゃんの行動をヒントに離乳食スタートの時期を考えていきましょう。

続きを読む

離乳食を始めるきっかけは赤ちゃんの行動から

離乳食を始めるときに、自分の両親に聞き、考え方がまるで違うと思った人は、結構いるでしょう。
なぜなら、昔と今では離乳食に対しての考え方が違う部分がとても多いからです。
考え方の違いは授乳期から違っています。

昔の人は、おっぱいよりも、粉ミルクの方が栄養があると言われていました。
しかし今は、おっぱいのほうが、栄養だけではなく、免疫力もつくので、できるだけおっぱいからあげたほうが良いと言われています。
昔から比べて今では食生活も豊かになり、食材も様々なものが手に入る様になった為、妊娠中の母親の食生活さえ気にしていれば、良いおっぱいができて当然の事です。
そして離乳食に関しても昔と今では考え方の違いがあります。
現在は様々なレシピ本、アレルギーと食事に対しての本、SNSでの情報交換など、簡単に子育ての悩みを解決する方法があります。
その為、考え方は、様々で、離乳食のタイミングもその子その子によって時期は多少ですが、違ってきます。
自然で自分らしく子育てをする人が増えてきたという事なのです。

しかし昔は、情報の共有はなかなかできなかったので、身近な人や、親の情報を元に子育てをすることしかできなかったのです。
母子手帳にも「一歳までにはミルクをやめる」と書いてあるものもあります。
なので、今現在子育てをしている方、妊娠している方、この先子供がほしい方は、子育てに対して絶対的なやり方、約束事を決めずに、自分の子供に適した自分らしい子育てをすることが大事だと言えます。

おすすめリンク

焦らず急がず子供のペースを大切に

離乳食を始めるタイミングはそれぞれ違って当然です。 同じ年の子が離乳食を始めたからと言って焦る必要は全くないのです。 周りの子供のタイミングに合わせる事を考えるのではなく、焦らず、急がず、食事の時間を幸せな、大切な時間にする事が大事だといえます。

続きを読む

難しくない、多少の手抜きで楽しい離乳食を

いざ離乳食生活が始まると、味付けや、毎日のメニューに疲れてしまう人、多いのではないでしょうか。 そんな人のために味付けの考え方を難しく考えず、うまく手を抜いてみれば、不安が多い離乳食期を問題なく乗り切れるでしょう。 安心して離乳食期、スタートしてみてはいかがですか?

続きを読む